一定期間更新がないため広告を表示しています

こんにちは。SLOW STEP です。

日本のFIFA ワールドカップ フィーバーも終わりました。

みんなからいじられ役の、26歳の長谷部選手がゲームキャプテンを務めたことが、
チーム内のまとまりに大きな機能を果たした、という記事を読みました。

長谷部選手の見た目の印象とは違い、そういうキャラだったのか、
と初めて知り、納得のいく気持ちがありました。

リーダーシップのある人が多い集団ではかえってまとまりません。
ちょっと頼りない部分があって、人当たりがソフトで、強い主張はあまりしない、
憎めないキャラクターで、からかい甲斐があって、
そういう人が仮のリーダーになると、なぜかまとまってきます。

私の所属するテニスサークルも「リーダー」と呼ばれている人はそんな人です。
最初は「この人がなぜリーダー?」「リーダーとは名ばかりで雑用をさせられている」
と思っていたけれど、やがて彼だからうまくいっていることに気づかされたのです。
コメント
コメントする